FC2ブログ

銀株の歴史がまた1ページ

株式投資初心者のリーマンが小額資金で何処まで頑張れるかという物語。

11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

第29話 ブログ内で私は一喜一憂しているが… 

保有銘柄含み損2万付近でも現実の私は至って冷静である。

昨日に引き続き、本日も保有銘柄である NFKHDを 46(単元100株)で600株購入した。

平均取得単価を下げる為の購入である。

NFKHD 平均取得単価 48(単元100株) 保有数1200株となった。

NFKHD 含み損¥-3600

更に本日は前々から狙っていた

ウェッジHD 11000(単元制度無し)を2株購入した。

先に述べた通り、私は現在、含み損益では明らかに損をしている。
しかし、悲観的ではない。それはなぜかというと、現在保有している銘柄全てが

PBR0.7倍以下であるからだ。 PBRの意味は下記参照。


「PBR(price book value ratio)=株価純資産倍率」

株価純資産倍率は(以下PBR)、一株あたり純資産額に対する株価の倍率(状況)を測る指標である。以下の式で求められる。

株価純資産倍率 = 株価 ÷ 一株あたり純資産額

一般にPBRが1倍であるとき、株価が解散価値と等しいとされ、それ以下だと割安株として扱われる。
魅力的な事業・資産を持つにも関わらず低PBRで推移している企業は絶好の買収対象になるかもしれない。
PBRが高いからといって割高であるとはいえないが、資産を目的とした買収の対象としては魅力的とは言えない。

上記に加え、保有銘柄3社中2社が震災復興関連銘柄であることだ。
私は財務諸表(PBR含む)、将来性を考慮し、購入した銘柄は原則損切りをしない。
それどころか下がれば買い増しするつもりでいる。

また、成行買いはよほどのことが無い限りしない。
それは値動きの激しい銘柄では思ってもいない値で約定する可能性があるからだ。
小額でも益を短期的に増やすことを目的とした場合、成行買いはナンセンスであると私は思う。
そう考える私はシステムトレード向きかもしれない。

私は狙っている銘柄の値動きを購入する2週間前からチェックする。
近日中の底値を確認すると共に、日経平均に矛盾した値動きをしないか等のチェックだ。
例えば、ジパングHDがそれにあたる。この銘柄は日経平均が下落した際に他銘柄に比べ上昇する銘柄であるといえる。
事業が金採掘であることが要因に考えられるが、投資側の心理として 株価下落=金現物価値上昇があるからだ。
(金自体に価値がある為、政治・経済の不安定にも影響されにくい)

つまりは、狙っている銘柄の値動きの特徴を少しでも把握するということだ。

以上が現時点での私の投資戦術である。また、戦略については時間がある時に掲載しようと思う。
スポンサーサイト

カテゴリ: 株取引

[edit]

Posted on 2011/06/14 Tue. 22:08    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://neithardtmuller10.blog97.fc2.com/tb.php/30-9abd044f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マーケット情報

プロフィール

最新記事

最新コメント

株式投資の名言&格言集

銀河英雄伝説名言録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。